HOME>スカウトの活動

ボーイスカウトについて

スカウト運動の各部門

●ビーバースカウト

戸外を中心とした集団でのあそび
隊の活動に参加することによって、自然に親しみ、基本的生活技能や社会性、表現力を伸ばす。

ビーバースカウト写真
●カブスカウト

戸外を中心としたしつけと訓練
家庭や近隣と社会での生活指導及び組や隊の活動に参加することによって、よい社会人としての基本を修得する。

カブスカウト写真
●ボーイスカウト

戸外を中心としたしつけと訓練
家庭や近隣と社会での生活指導及び組や隊の活動に参加することによって、よい社会人としての基本を修得する。

●ローバースカウト

自己開発と心の訓練
ちかい及びおきてを各自の生活により強力に具現する機会を与えるとともに、自らの有為の生涯を築き、社会に奉仕できる精神と体力を養うことを目指す。

ローバースカウト

 

「ちかい」と「おきて」

スカウトは入隊に際して、それぞれ「スカウトのちかい」、「カブのやくそく」、「ビーバースカウトのやくそく」をたてます。また、初めて指導者として加盟登録する者は、スカウトのちかいをたてるかこれを再認します。

スカウトのちかい

 

スカウトのおきて

ビーバースカウトのやくそくときまり

カブスカウトのやくそくときまり

モットーとスローガン

アンノウンスカウト物語

1909年の秋のことでした。

イギリスの都ロンドンは、この日も一日中濃い霧に包まれていました。

アメリカのイリノイ州シカゴからロンドンに来た出版業のウイリアム・ボイス氏は、市の中心部で、ある事業所を探していましたが、道がわからなくて困り果てていました。

そのとき霧の中からひとりの少年が近づいてきました。「何かお役に立つことがありますか?」と少年は言いました。

事務所がわからなくて困っていることがわかると、少年は先に立って、その事務所までボイス氏を案内しました。ボイス氏は、アメリカ人の習慣で、少年にチップをあげようと、ポケットに手を入れました。

しかし、ボイス氏がチップを取り出す前に、少年は勢いよく右手を挙げて敬礼をしました。


「僕はボーイスカウトです。今日も何か良いことをするつもりでいました。お役に立ててうれしいと思います。スカウトは他の人を助けることで、お礼はもらいません。」

と少年は言いました。少年からボーイスカウトのことを聞いたボイス氏は、用事を済ませてから、少年にボーイスカウトの本部まで案内してもらいました。 ボイス氏が少年の名前を聞く前に、少年はもう姿を消していました。

イギリスの本部でボーイスカウトのことを詳しく調べたボイス氏は、アメリカに帰って大統領のタフト氏などに話をし、やがて、アメリカでボーイスカウト運動が始められたのです。

その少年はどうなったのでしょう。

その後誰も知りません。

しかし誰も知らないこの少年の小さな善行が、アメリカのたくさんの少年に、ボーイスカウトを伝えるもとになったのです。

 

 

ページの先頭に戻る

スカウト環境行動スローガン

わたくしたちスカウトは、自然の恵みに感謝し、地球市民として、自然の美しさがいつまでも保たれることを願い、地球環境の保護のため積極的に行動します。

 

1.緑の大地を守り育てます。
1.かけがえのない水と空気を汚さないようにします。

1.すべての動植物の命を大切にします。
1.かぎりある資源の節約とリサイクルにつとめます。
1.地球にやさしい野外活動を実施します。


 

ページの先頭に戻る